1. HOME
  2. 事業案内
  3. ITソリューション
  4. グループウエア
  5. Microsoft 365

ITソリューション

IT solution

グループウエア

Microsoft 365

microsoft365

マイクロソフトのグループウエア「Microsoft 365」

Microsoft365導入“個別相談会”実施中

ビジネスツールとして“三種の神器”的なWord、Excel、PowerPointのお馴染みのツール群に加え、コラボレーションのハブとなるビデオ会議ツールTeamsや、大容量クラウドストレージのOneDrive、組織全体でシームレスに共同作業ができるSharePointなど、様々な機能をご活用いただけるマイクロソフトのグループウエア「Microsoft 365」(旧称:Office365)。テレワークによる円滑なコミュニケーションや社内書類のクラウド共有で生産性が向上し、このITイノベーションで働き方改革の推進にも寄与します。初期設定から従業員様分のアカウント付与、セキュリティ管理や複雑なDNSドメイン管理代行をはじめ、煩わしい各種作業を数多くの導入実績がある当社スタッフが支援いたします。また、今ならWEBホスティングサービスのDr.オフィスHOSTINGと同時お申し込みに限り、ホスティング初期設定費(通常5,500円(税込))を無料サービス中です。

OneDrive
大容量クラウドストレージ
SharePoint
コラボレーション
Teams
ビデオ会議
Exchangeexchange法人メール・予定表 Excel
表計算 
Word
ワープロ

 
ビジネスツールとして“三種の神器”的なWord、Excel、PowerPointのお馴染みのツール群に加え、コラボレーションのハブとなるビデオ会議ツールTeamsや、大容量クラウドストレージのOneDrive、組織全体でシームレスに共同作業ができるSharePointなど、様々な機能をご活用いただけるマイクロソフトのグループウエア「Microsoft 365」(旧称:Office365)。テレワークによる円滑なコミュニケーションや社内書類のクラウド共有で生産性が向上し、このITイノベーションで働き方改革の推進にも寄与します。初期設定から従業員様分のアカウント付与、セキュリティ管理や複雑なDNSドメイン管理代行をはじめ、煩わしい各種作業を数多くの導入実績がある当社スタッフが支援いたします。また、今ならWEBホスティングサービスのDr.オフィスHOSTINGと同時お申し込みに限り、ホスティング初期設定費(通常5,500円(税込))を無料サービス中です。

・OneDrive  ・SharePoint  Microsoft-Teams  ・Exchange  ・料金プラン

 


 

OneDrive

ファイルや写真をOneDriveに保存しておくと、どこにいても、どのデバイスからでもファイルにアクセスでき、ファイルの編集や共有も可能です。

バックアップと保護

常時PCとクラウドを同期させることでバックアップは完璧になります。デバイスを紛失しても、どこからでもアクセスが可能なので、ファイルや写真がOneDriveに保存されていれば、なくなる心配はありません。
また、法人向けOneDriveは社外との共有を禁止することができ、 外部との誤ったファイル共有を禁止することができます。

共有と共同作業

ファイル、フォルダーを社員間でリンク共有でき、データの受け渡しもスムーズにできます。動画などの大きなファイルをメールに添付することや、USBに保存することも不要です。リンクをメールやテキスト、メッセージで送信するだけで共有できます。

大容量使えるクラウドストレージ

個人用のOneDriveは無料ですが5GBのストレージしかありません。しかし法人用Microsoft365を使用すると。1ユーザーあたり1TB分のクラウドストレージが使用可能になります。ドキュメント共有、ランサムウェアの回復などを利用できます。

便利機能

ファイルのオンデマンド機能

オンデマンド機能とは、ファイルの実態をOneDrive(クラウド内)のみに保存し、PC側の領域を消費することはなく、最小限のデータだけの保存で済ませる仕組みです。データの実態はクラウド内にあるため、ストレージの消費気にすることなく使用できます。

書類のスキャン

書類、名刺、メモなどをスキャンしたものを、OneDriveに保存し、文字を読み取ってくれるOCR機能があります。自動で長い文章を読み取ってくれるので、文字を打つ時間を短縮することができ、仕事の効率化を図ることができます。また、この機能はモバイルアプリにも搭載されており、スマホで撮った書類の写真を簡単に文字起こする事ができます。

個人用Vault(金庫)

万が一Microsoftのアカウントのパスワードが自分以外の人に知られていたとしても、個人用Vaultに重要なファイルや写真を保管しておけば保護をさらに強化できます。個人用Vault
にはID/パスワードに加えて、本人確認(認証)によりロックされているため、結果二重にセキュリティがされていることになります。またWebブラウザの場合20分間、モバイルアプリの場合3分間の操作がないと、自動的にロックされる機能も安心です。

利用事例

clouds・営業先や外回り、会議のときなど、最近ではスマホをほどんどの方が持っているので、写真をとる機会が増えました。そのような時に撮った写真も、スマホ内のOneDriveアプリとPC内のOneDriveを同期しておけばPCに保存されている状態になるので、いちいちファイルを移すやり取りをしなくても済みます。
・OneDriveのアプリの中にはスキャン機能もついており、OneDriveの内蔵カメラで書類やホワイトボードを撮影すると、補正された上にPDFの状態でOneDrive内に保存することが出来ます。撮影には「ドキュメント」「ホワイトボード」「名刺」などのモードがあり、会議別、種類別に仕分けすることができます。その素材を社員同士で共有することも、OCR機能で文字起こしをすることも簡単にこなせます。

 

 


 

SharePoint

メールにファイルを添付してのやり取りは、面倒で非効率、プロジェクトメンバーと簡単に資料共有や共同作業を効率アップしたいという方、企業ポータルサイトを簡単に作成したいという方にオススメです。

資料のオンライン共同編集

会議資料をオンラインで共同編集、配布することにより、資料作成などの事前準備の時間が短縮され効率化を図ることができます。場所やデバイスを問わないためテレワークや外出先でも入力ができます。(VPNは不要です)紙資料を印刷しないのでペーパーレスも可能になりました。

ポータルサイトで認知の共有

プロジェクトチーム、部門、部署のそれぞれでチームサイトというグループサイト作成して、ファイル、データ、ニュース、リソースを共有できます。企業ポータルサイトなど自身でWebサイトが作成できるため、見やすく使いやすいビジュアルやレイアウトに変更ができます。社員の意見収集に活用的なアンケート機能や業務の進捗状況を共有できるタスク管理機能も搭載しています。

スケジュールの一括共有

社員の休暇やテレワークなどのスケジュールをSharePointの予定表を活用して知ることができます。この予定表は表示がシンプルで、入力も簡単にできます。メモや社内のホワイトボード感覚で使用できることが特長です。

便利機能

バージョン管理

一つ前の保存ファイルにもどりたいとき、自動で管理されているので混乱せずに戻ることができます。

ファイルの更新管理

いつ、誰がファイルを更新したかが瞬時にわかり、閲覧制限とダウンロード制御がかかり、セキュリティ面も万全のアクセス権の設定もできます。

安全安心ローコスト運用

4重の冗長化とBCPによりデータの保持性を確保、サーバの構築・管理不要です。

利用事例

スケジュール・いままでホワイトボードに記載していた直行直帰も、シンプルで簡単な予定表が管理してくれます。色やデザインにより見やすく、一度見ただけで把握が可能です。
SharePointで作成した企業ポータルサイトにはExcelで作られた表やグラフを埋め込むことが可能です。売り上げデータや進捗状況を定期的にポータルサイトにアップすることで、現状の把握が共有できます。毎日ポータルサイトを見ることが義務化すると自然と売り上げの意識が向上されます。

 


 

Microsoft-Teams

チャット、Web会議、ファイル共有や管理、ツール連携など様々な機能を一つにまとめたコミュニケーションツールです。リアルタイムでの情報の共有をスピーディにこなすことができます。

共同的な学びをTeamsで

Teams の中で簡単にファイルを見つけて共有し、Word、PowerPoint、Excel などの使い慣れたアプリでの編集をリアルタイムで行うことができます。画面共有により全員の認識をそろえ、画面を共有すると、全員が同じコンテンツを見ることができます。

新しい働き方、シンプルに働く

リモートワークはもちろん、オフィスでの業務も、あるいはこれらの組み合わせでも。これからの新しい働き方を可能にします。思いついたことは、1 人 1 人個別のメッセージやグループ チャットですぐに伝えられます。写真や動画を使用することでよりリアルに詳細に業務連絡が可能です。

リモートと会議室のハイブリット環境

参加者全員がとこからでも安心して、積極的に参加できるオンライン会議を、Teamsの会議機能と対応デバイスで実現致します。チャットのコミュニケーションから、ビデオ会議へのコミュニケーションに、ボタンを押すだけで瞬時に切り替えます。チームの人数が 2 人でも 10,000 人でも、それぞれがいる場所にかかわらず、一堂に会することができます。

便利機能

メンション機能

@メンション機能により、大人数のチーム内の特定した人物へ発信ができます。これにより誰が誰に指示をだしているのかが分かります。またスピード感の速いチャットでも後から見返したときに、自分への内容が理解しやすくなります。

緊急と通常の区別

重要や緊急のメッセージには[作成]ボックスの下にある[配信オプションの設定]を選び、[重要]または[緊急]を選びます。これによりメッセージに「重要!」「緊急!」の単語が追加され、状況に応じて使い分けることができます。

84ヵ国の言語変換

デスクトップPC上の別の言語でメッセージを受信した場合は、メッセージの上部にある[その他のオプション>翻訳]を選択します。これにより、チーム様に設定した言語にメッセージが翻訳されます。84ヵ国ほどの言語が翻訳可能なので、あらゆる国でのコミュニケーションが気軽にとれます。

利用事例

Web会議・営業チームメンバーで案件情報を迅速に共有しながら商談を進めることができます。チャットやWebかいぎやスマホからのIP電話で活発なコミュニケーションが可能になります。
・マーケティングイベントなどチームで共有しながら進めていくタスクを効率よく共有することができます。アンケート画面ファイルを開く必要がなく、リアルタイムで共有できるので便利です。
・議事録の記録(OneNoteとの連携)やWeb会議で活発な意見交換を行うことができ、進捗管理やToDoの管理もしっかり行うことができます。
・遠隔で技術情報の共有や指示などをチャット、Web会議を通じで行おうことが可能です。過去のトラブルやQAについてのやり取りも参照や検索が可能なため、スムーズに問題解決を行うことができます。

 


 

Exchange

exchangeメールで調整した予定を予定表に入力し忘れたり、予定変更の連絡を関係者に伝え忘れたり…Exchangeなら法人メールと予定表の機能で仕事をスマートに進めまることができます。

メールのホスティング、50GBのメールBOX

画像や動画など、通常のメールでは容量が大きすぎて送信できないはずのものでも、PC150MB、スマートフォン33MBの容量が確保出来ているので、メールの添付ファイルで簡単にやり取りすることが出来ます。また、メールBOXが50BGもあり、保存期間も無期限なため、メールの削除の心配はいりません。

インテリジェントな受信トレイ

メールのデータはクラウド内で管理しているため、場所やデバイスを問わず、メールの状態を同期することが出来ます。スマホ・PCなどExchangeのアプリやWebが繋がっている限り、同じ受信トレイを開けます。

豊富な予定表機能

自分の時間を管理する予定表では、約束の日時をカレンダーに登録するという基本的なスケジューリングに加えて、メールから自動的にイベントの情報 (たとえば出張やホテルの予約) を取り出すこともできます。会議の場所を自分の現在位置に基づいて提案する機能もあります。

便利機能

メールアーカイブ機能

1人50GBのメールボックスとは別に、全ての送受信ファイルをアーカイブします。仮に社員が個人メールボックスからメールを削除してもアーカイブによって全メールは保持されます。

メール誤送信防止機能

社外向けのメールには上司をCCまたはBCCに追加、添付ファイルが含まれていたら、必ず上司の承諾を必要とするような設定も可能です。
「個人情報」の文字が含まれていたら強制的にリジェクト、免責事項、キャンペーン情報の追記などの制御が可能です。

Information Rights Management(Azure Information Protection for Office 365 との連携)

送信先でメールの有効期限設定や印刷・転送・コピー等の操作を制限します。添付ファイル(Officeドキュメント)も同時に制限します。Outlook on the Web(OWA)でも利用可能です。

利用事例

メール・会議室や備品のメールボックスを作成し、それらにスケジュールを持たせることにより、予約管理が出来るようになります。数が限られている会議室や機器など予約することができ、社員のスケジュールと同じく、いつでもどのデバイスでも閲覧できるので、必要な時にすぐに参照と予約が可能になります。
・Advanced Threat Protection(ATP)というメールのフィルタリングサービスをオプションで追加することにより、迷惑メールが激減したという事例があります。迷惑メールが排除された事により50GBあるメールボックスはより整理され、メールの圧迫は何も考えず業務をすることができます。

 

 


 

料金プラン

 

Business Basic
¥540
(税込594円)
  • 含まれるOfficeアプリ
    Word(Web&モバイル版)
    Excel(Web&モバイル版)
    PowerPoint(Web&モバイル版)
    OneDrive
    SharePoint
    Teams
    Exchange
Business Standard
¥1,360
(税込1,496円)
  • 含まれるOfficeアプリ
    Word
    Excel
    PowerPoint
    OneDrive
    Outlook
    Access
    Publisher
    SharePoint
    Teams
    Exchange
※価格は年契約時の月割換算(1ユーザーあたり)となっております。※初期設定サポート費50,000円(税込55,000円)が発生します。※3:ご利用にはドメイン名登録が必要です(上記に登録料は含まれておりません)。
テレワーク環境に最適な『 Microsoft365 』。 導入に関する個別相談会をオンラインにて毎週開催中です!
個別相談会に申し込む