1. HOME
  2. ブログ
  3. 補助金・助成金
  4. 朗報!ホームページ制作にも“補助金”が利用できます。

オフィスコンシェルジェのひとりごと

お客様に有益な情報をお届けします

補助金・助成金

朗報!ホームページ制作にも“補助金”が利用できます。

補助金でお得にホームページ制作

4.7年…この数字はホームページを改修する平均年数です。 一般的にホームページの賞味期限は4~5年と云われております。

ホームページは会社の顔。
お客様が商品を購入するとき、学生が会社を選ぶとき、多くのシーンでホームページは見られてます。ホームページが古いだけで会社自身が古く元気のない印象を与えてしまい、新規取引や社員採用の機会チャンスを失うことにもなりかねません。   鮮度が落ちた情報やスマホ対応もされていない陳腐化したホームページのままでは、会社自身が古く活気が無い印象を与えてしまい、顧客や取引先、更には求職者への信頼を落とし、気づかぬうちに貴社のブランドイメージを傷つけている可能性があります。

顧客との接触機会が減ったコロナ禍だからこそ、販路拡大のためにホームページを見直しませんか?

制作費の3分の2は補助金を活用!

ホームページ制作補助額

  1. 社員20名以下の中小企業
  2. ホームページで商品の販売を検討している中小企業
  3. ホームページで商品の宣伝を検討している中小企業
  4. ホームページで販路開拓を検討している中小企業
  5. その他、手持ちのホームページを有効的に利用しようと考えている中小企業
    ※持続化補助金で50万円上限、補助率2/3を補助

対象経費は?
ホームページの制作費用(サイトリニューアルも含む)やスマートフォンへの対応改修をはじめ、独自ドメイン名登録やSSL化を含むWEBサーバー等の利用料や運用サポート費用のほか、集客対策を目指したコンサルティング費用も対象に含まれます。

緊急事態宣言で…
緊急事態宣言で飲食店をはじめ多くの小売業が甚大な影響を受けました。しかし、インターネットを活用できたお店の影響は少ないばかりか、店舗によっては数倍以上の売上を達成したお店も少なくありません。これらに共通しているのは、新型コロナ以前のネット販売はさほど売上に貢献していなかったと言うことです。とりあえずネット通販を試しで行っていたお店が、新型コロナを機に一気にリアルからネットに売り上げが推移したのです。まずは、小さくても良いので、ホームページの活用を見直すことをお勧めします。
小規模事業者持続化補助金とは?
経済産業省と中小企業庁が展開する、小規模事業者の事業促進を目的に、商工会議所のサポートを受けた事業計画に基づいて補助金を支給する制度です。更にこの度の新型コロナウイルス感染症により「経営上の影響を受けながらも販路開拓等に取り組む事業者へは重点的な支援を図る」という政府方針から、これに該当する事業者様は加点対象となり採択され易い大変有利な機会となっております。

“ご相談は無料”
最大限の補助率で最もお得にご導入できるプランをご提案いたします。

詳しくは下記メールフォームより気軽にお問い合わせ下さい。