1. HOME
  2. 事業案内
  3. オフィスソリューション
  4. オフィスオートメーション
  5. 法人携帯電話

オフィスソリューション

Office solution

オフィスオートメーション

法人携帯電話


携帯電話のBYODは情報漏洩リスクあり!
セキュリティ対策も経費処理も一元管理された法人携帯

どこモバとは、ソフトバンク回線を用いたリーズナブルな法人携帯電話サービスです。通常ブランよりもお得なパック内容と、充実したオプションを備えてお届けします。今まで社用携帯を使用していたけど、折り畳み式のガラパゴス携帯で営業電話をするだけに使用していた方や、社用携帯は貸与しておらず、個人所有の携帯電話に依存されていた方などにおすすめです。

コウシンがオススメする、どこモバの6つの特長!

業務の効率向上

スマートフォンの特性をフル活用した新しい働き方が可能になります。どこモバのご提供機種はiPhoneです。日常的な業務で使用しているサービスのGoogle スプレッドシートや、ドキュメント、MicrosoftのExcelやWordもiPhoneでしたら編集可能です。営業の移動時間や、帰社のタイミングなどのスキマ時間で、簡単に進捗状況や営業報告ができます。また、電話番号だけの営業連絡手段ではなく、ZoomやMeet、Teamsにも対応が可能です。PCでしかできなかったお客様とのやり取りや作業が、どこモバなら簡単に利用できるのです。

情報漏洩リスク回避

現在、社用携帯を利用しておらず、個人携帯で会社関係の方と連絡をやり取りしている方は要注意です。例えば、社用と兼用している個人携帯を紛失した場合や、盗難にあった場合、個人携帯だけの使用でしたら、ショックは受けますが会社が関わることではありません。しかし、個人携帯と社用携帯を併用している場合、顧客情報の流出に繋がってしまう危険性があります。そのような時、社用携帯と個人携帯を別々使い分けていれば、万一携帯電話を紛失しても、会社を巻き込んだ大事になることはありません。

MDMの活用でセキュリティも強化

では、社用携帯を紛失してしまった場合はどうするのか。そこでMDM(Mobile Device Management)の出番になります。MDMは遠隔操作やデバイス設定に制限をつけることなどが可能で、社用携帯を紛失した際には社用携帯上の全ての情報を遠隔で消し、工場出荷状態にリセットすることができます。また、デバイス設定に制限をつけ、プライベートで使用しているSNSのインストールや投稿、仕事に関係のないアプリのダウンロードを防ぐことが可能です。(この二つの機能以外にも役立つ機能がMDMにはありますので、ぜひご興味のある方はこちらの記事をご覧ください!)

※MDM(Mobile Device Management)とは社員へ貸与するスマートフォンに対して、会社のセキュリティ方針に従った設定を行ったり、遠隔地からデバイスを制御できるなど、システム管理者が端末を一元管理する仕組みのことです。

通信費を大幅に節約

他社と比較した場合、MDM機能は無料ですが通話料が別途発生している場合もあります。また、ビジネスに必要不可欠な留守番電話や割込通話機能がオプション扱いだったりと、基本料金は安いのに結果的に割高になってしまったという状況もあるでしょう。どこモバは、MDM機能無料・留守番電話無料・割込電話無料という、お得なパック内容でご提供しているため、ランニングコストを大幅に抑えることができます。

法人用に十分なデータ通信量

どこモバは、たっぷり大容量の50GBデータ通信プランをご提供。外出先でのテザリングをはじめ、大きなデータ容量を消費するビデオ会議にも安心です。こんなに大きいデータ通信は利用しない!という法人様には、5GBプランもご用意しております。外勤営業の方には50GBの大容量プランを。内勤でのデスクワークが主でデータ通信をあまり使用しない方には5GBプランと、ご利用者様ごとにプランを使い分けることも可能です。

どこでもホン対応

どこでもホンとは会社の電話番号とスマートフォンを連動可能な機能になります。特徴は4つあり、
・外出先(スマホ)から会社の番号を通知した発信ができます。
・会社にかかってきた電話を外出先(スマホ)でも受け取れます。
・外出先の社員(スマホ)と内線通話が可能です。
・スマートフォン側でも外線ボタンを搭載しており、ビジネスフォンと同じ使用が可能です。
このような機能をどこモバには搭載できます。オフィスでも外出先でもスマートフォン1台で完結できるのです。

お得パック内容

5GBプラン・50プラン

5GB プラン50GB プラン
5GB

・国内通話し放題
・月間5GBのデータ通信(法人利用に十分)
・テザリング
・BCDM(MDM)
・Phone法人基本パック(留守番電話・割込通話 他)

  • 月額利用料:通常8,975円⇨3,024円〜(新規・MNPの場合)
    機種変更は4,042円〜(表記は税抜き)
  • 初期費用:実質無料
  • 最低利用期間:3年
  • 機種:iPhoneSE第二世代(ストレージ容量64GB)ホワイト
  • どこでもホン対応:オフィスも外出もスマホ一台で!

※初期費用…初期費用は開通翌日以降のご利用料金から減額させていただきます。※契約期間…3年(自動更新3年毎)。契約期間内の中途解約時には20,000円(税別)です。最初の契約期間満了前の機種変更は原則として不可です。3年の割賦契約終了前の解約時には残債相当額の一括清算が必要になります。※ご提供機種は1種類1カラー限定となります。

50GB

・国内通話し放題
・月間50GBのデータ通信(WEB会議も安心)
・テザリング
・MDM(ビジネスコンシェルデバイスマネジメント)
・Phone法人利用パック(留守電、電話割り込み)

  • 月額利用料:通常10,955円⇨端末代込み4,500円〜(新規・MNPの場合)
    機種変更は5,500円〜(表記は税抜き)
  • 初期費用:実質無料
  • 最低利用期間:3年
  • 機種:iPhoneSE第二世代(ストレージ容量64GB)ホワイト
  • どこでもホン対応:オフィスも外出もスマホ一台で!

※ユニバーサルサービス料は別途発生します。※国際ローミング、国際電話、ソフトバンク衛星電話サービス、0180/0580などから始まる他社が料金設定している番号への通話料、番号案内(104)、国際転送電話サービス(通話開始後、接続先の海外番号をあらためて入力するもの等)は通話し放題の対象外となります。※契約期間は3年(自動更新3年毎)、契約期間内の中途解約時には20,000円(税別)が発生いたします。最初の契約期間満了前の機種変更は原則として不可です。3年の割賦契約終了前の解約時には残債相当額の一括清算が必要となります。※ご提供機種は1機種1カラー限定となります。

経費比較

どこモバ(5GB)と他社(5GB)※2021年4月現在最安値

経費比較
どこモバ(5GB) 他社(5GB)
月額料金(税抜) 3,000円 1,450円
データ容量(月) 5GB 5GB
かけ放題 専用アプリ使用で通話料半額
機種 iPhone SE Ⅱ(64GB) 別途契約(iPhone SE Ⅱ(64GB)を36回払いの場合+月1,477円)
セキュリティ(MDM)  ◯ ×(オプション)
法人契約  ◯  ◯
サポート コウシン・SoftBank オンラインサポートのみ
回線 SoftBank A社
オプション込み月額合計 3,000円 2,927円+通話料(iPhone SE Ⅱ(64GB)/かけ放題無し/MDM無しの場合)

 

料金内訳

どこモバ50GBの料金内訳

どこモバ50GBの料金内訳
新規/MNP 機種変更
通話基本料 980円 980円
かけ放題 1,800円(無料) 1,800円(無料)
データ定額 1,065円(38ヶ月目から2,520円) 2,065円(38ヶ月目から3,520円)
MDM 500円 500円
法人基本パック 475円(無料) 475円(無料)
通話明細 100円(無料) 100円(無料)
テザリング 500円(無料) 500円(無料)
端末代 1,455円(36回) 1,455円(36回)
どこモバ50GB相対基本料金 500円 500円
合計 4,500円 5,500円

 

テレワーク環境に最適な『 Microsoft365 』。 導入に関する個別相談会をオンラインにて毎週開催中です!
個別相談会に申し込む