1. HOME
  2. ブログ
  3. エンバイロメント
  4. “命”を守るAEDの導入でCSRに取り組みませんか

オフィスコンシェルジェのひとりごと

業界トレンドや有益な情報をお届けします

エンバイロメント

“命”を守るAEDの導入でCSRに取り組みませんか

AED 設置

この度コウシンでは、オフィスにかかる「ヒト・モノ・情報」のラインナップに加え、新たに「高度管理医療機器販売業」の免許を取得し、AEDの取り扱いを始めました。

AEDの国内設置台数は年々増加しており、駅や公共施設で見かけることも多くなっていますが、一般企業においても、従業員への「安心」の提供とともに、地域への貢献、CSR(corporate social responsibility = 企業の社会的責任)向上の一環として導入されているケースが増えています。

AED 講習例えば、日本では一年当たり、約20万人の方が心筋梗塞等の心疾患により亡くなっていますが、仮に心停止後3分以内にAEDを行うことができればその内の80%、5分以内であれば50%を回復させることができます。この様に、AEDをすぐ使える環境を作ることが、たくさんの命を救うことに繋がります。

AED設置してますシールちなみに、当社は本社だけでなく、当社が運営しているKidsDuo両国校をはじめ4校すべての保育所にAEDを設置しました。子供たちの安全は勿論、地域奉仕の一環と貸出しを想定し、AEDシールを張ることで地域の皆様にお知らせしています。

また、AEDに限らず消毒液や抗原検査キットから、クリニックで使用する手袋や医療器具、その他の機器の通販も始まりましたので、ぜひ、それらの商品のご発注の際は当社までよろしくお願いいたします。

今回は、いま注目度が高まっているAEDのご案内です。
駅や公共施設、スポーツ施設など、さまざまな場所で見かけるAED(自動体外式除細動器)。最近では社会貢献活動の一環としてAEDを導入する企業や、従業員の「いのち」を守るという観点から、一般企業でもAEDを導入するところが増えています。

 

AEDの導入でCSRに取り組みませんか。

地域住民の「いのち」を守る
いざという時に地域住民の「いのち」を守ること、地域密着企業にとって大切な取り組みの1つです。
お客様に支持される企業に
社会に役立つ取り組みを「目に見えるかたち」で伝えることが、お客様をはじめステークホルダーに支持される企業に繋がります。
社員への配慮が信頼関係に
AEDの設置は「社員の安全を配慮している」というメッセージ、安心して働ける職場環境に変わります。

AEDがあれば、命を救うことのできる場面は確実に増えていきます。安全で安心な環境を作るために、導入を考えてみてはいかがでしょうか。「ちょっとお話だけでも聞いてみたい」など相談ベースでもかまいませんので、ご要望等ございましたら気軽にお問い合わせください。

問い合わせする

関連記事

JIS Q 27001:2006(ISO/27001:2005)
ISO/ISMS
(適用範囲:HCグループ)
一般人材派遣業:労働大臣許可 派13-01-0526
人材紹介業:労働大臣許可 13-ュ-010435
宅地建物取引業:東京都知事(2)第98397号
一般建設業:東京都知事許可(般-1)第150856号
高度管理医療機器等販売/貸与業第5502205165号

庚伸へのお問合せはこちらからご連絡ください。
問い合わせをする